teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


広島ベーシックコース

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 7月15日(金)23時01分45秒
返信・引用
  認知神経リハ学会ベーシックコースの広島ベーシックコース案内が始まっています。
少しでも興味があるかたはぜひ!

http://www.ctejapan.com/basic/basic.html#hiroshima
 
 

次回勉強会

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 7月 5日(火)21時49分52秒
返信・引用
  8月末に勉強会を予定します。

コラボによる症例報告と、宮崎県3人目のマスターコース修了者によるシンポジウム?カンファレンスを予定しています。

細かいことはまたご連絡します。
少し先ですが、ご予定を空けておいてくださいね♪
 

HP紹介

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 6月16日(木)23時36分17秒
返信・引用
  発達とリハビリテーション~子どもたちの将来のために

あまりにもうれしくて、こちらに書き込みしてみました。

http://develop-reha.cocolog-nifty.com/blog/

 

体調不良

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 6月 3日(金)22時43分15秒
返信・引用
  だらしない体調管理のせいで、学会にもご挨拶にもいけず家で泣いていました。
やっと体調が回復しましたが、休むたびにぶくぶく太るのがつらいです。



さて、7月の勉強会に向けての打ち合わせを6月中に予定しています。
間に合わなければ8月初旬になるかもしれません。

今回は他病院とのコラボ企画ってことでとても楽しいことになっています。


皆さんもお時間あったらご参加くださいね。
 

日本理学療法学会IN宮崎

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 5月12日(木)00時58分37秒
返信・引用
  宮崎県民のみなさん,日本理学療法学会のプログラムhttp://www.secretariat.ne.jp/jpta46/4.htmlを見ましたか?

宮崎で平成21年度に指導をしてくださった,森岡周先生が講演されます.伊藤先生とどのようなセッションをされるか楽しみです.

お忙しい方も,この時間だけは必見ですよ!!
会場でお会いしましょう.
 

今年度のベーシック予定がUPされてます

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 4月25日(月)21時12分9秒
返信・引用
  平成23年度認知神経リハビリテーション学会主催ベーシックコース予定


※ 各会場の募集要項、プログラム、講師等は順次掲載していきます。

会場 日時 コーディネータ
福岡会場 平成23年7月16日(土)~18日(月・祝) 小鶴 誠
大阪会場 平成23年7月15日(金)~17日(日) 信迫悟志
高知会場 平成23年8月19日(金)~21日(日)  宮本省三
広島会場 平成23年8月26日(金)~28日(日) 宮口英樹
愛知会場 平成23年9月17日(土)~19日(月・祝)  荻野 敏
北海道会場 平成23年10月8日(土)~10日(月・祝)  木村正剛
兵庫会場 平成23年10月8日(土)~10日(月・祝)  富永孝紀


http://www.ctejapan.com/basic/basic.html

 

RE:意見を少し

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 4月20日(水)08時55分28秒
返信・引用
  なかにし先生、書きこみありがとうございます。

今回は、環境設定されちゃう日本文化の怖さを中心に書きこみましたが、よく考えたら海外がどうなのか知りもしないでw

でも日本人は、言葉の抑制が強いのかも。
 

意見を少し

 投稿者:なかにしはじめ  投稿日:2011年 4月19日(火)23時00分15秒
返信・引用
  患者さん,家族,病院スタッフにちゃんと状態を伝えることや外部観察の重要性は同感です.特にOTは動作観察が苦手ですからね.(僕もOTなので苦手です)あとは,やっぱりコミュニケーションでしょうか.「何故いま無理をしてはいけないのか」これを上手く伝えられるか・・・.普通の人に,普通の言葉で伝える・・・.よほど患者さんのこと,運動と脳のこと,認知のことについて普段から考えて,言葉にしてないと出来ないですよね.  

認知神経リハの落とし穴について

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 4月16日(土)23時25分58秒
返信・引用
  今日は日頃の臨床での落とし穴について書きたいと思います.


認知神経リハを学び,そのすばらしい考え方に少しでも患者様に良いことが提供できることを目標に,私たちは日々をすごしていると思います.


認知神経リハは,とてもすばらしいリハビリだと思います.

しかし,ひとつ間違えると,すべて違う方向にベクトルが向くことがあります.
今日はそれを是非皆さんに伝えたいと思います.


今週一週間は伸張反射を制御したとしましょう.
来週は放散反応・・・(そんなにうまくいくわけもないけど)
んじゃ月末には歩行開始と行きましょうか・・・・

この流れの初期段階で,筋力トレーニングや無理なADL動作を極力避けるようご家族や職員に伝達します.

日本人は生真面目です.
その患者様は歩く予定の前日まで,完全ADL全介助ってことがありませんか????



確かに,各コースや学会でADL訓練は麻痺回復には良くないと言われています.
しかし,ADL評価や連絡はしっかりやらないと,生真面目な日本人は,できるようになってもやっちゃいけないんだと動作をしない・できない環境が出来上がっている場合のことを考えないといけません.

やりたいのにできない・・・
これはやはり私たちの落とし穴なのではないのかと思います.


従来のリハビリテーション評価をするなとは,どこの勉強会に行っても誰も言っていません.
内部観察が重要ですが,外部観察も同様に大事にしないと,大事なことを見落とすのではないかと思います.


ご家族は無理なADLがどのくらいかをわかりません.
同じ説明でも,まったくやっちゃいけないと考える人もいれば,このくらいならとやっちゃう人もいる.やっちゃいけないと考えた家族は,患者に何もさせてはいけないと極端になる人もいます.職員でも同じだと思います.



言葉の伝わり方ひとつで,とても大変な事態に陥ることは,間違いありません.


その場その場の状況を家族や周囲の職員に周知し,状況に応じて介助量の変更をお知らせすることも,認知神経リハをスムーズに行う上では重要なのかと思います.

全国の皆さんはしっかりしていらっしゃると思いますが,
私自身が今日,はっきりと危険性を感じましたので,さらなる技術の向上のためにも,ここに書いて皆さんに伝えたいと思います.

これから認知神経リハを学ぶ方もこの点には十分注意して,一緒に勉強していきましょう.






まとめると,



「できるようになったことは,適宜,周囲にしっかり伝えていきましょう」



ということです.
本人はできるのに,みんながさせてくれないということになっちゃうのです.
麻痺の回復には認知神経リハよりよいやり方はないと思います.


ずっと続けていくためにも,「連絡」に注意を向けてみてください.
 

勉強会の報告

 投稿者:かわのみか  投稿日:2011年 4月10日(日)14時44分56秒
返信・引用
  今回の勉強会は,九州合同学会で発表したときの質疑応答までを含めた報告と,歩行周期別の訓練方法(遊脚期)の復習で諸井さんに説明してもらいました.
合同学会発表者の廣瀬さんは,新婚旅行中でいないので,代理で私が報告しました.

また,当院の院長から,脳機能別に最適な療法を整理するようご教示いただきました.
勉強会に参加された皆様,こういった議論に興味があるかたは,私のメールアドレスにご連絡ください.

最後に,3ヵ月後に症例提示を行う宮本さん,よろしくお願いいたします.
楽しく打ち合わせできてよかったです♪.

河野美香
yhdpc649@yahoo.co.jp
@は小文字変換してください
 

レンタル掲示板
/28