teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


転載:甲府事件現場訪問記 その1-現場付近

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時24分15秒
  甲府事件現場訪問記 その1-現場付近
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 6月29日(土)23時29分19秒 編集済
   6月23日(日)にUFO着陸事件のあった山梨県甲府市に行ってきました。
1975年(昭和50年)2月23日午後6時頃、甲府市郊外のぶどう畑にUFOが着陸、少年2人と宇宙人が遭遇した事件です。
空飛ぶ円盤記念日(UFOの日)が近かったのでインスピレーションが湧いたかもしれません。
10年前でしたら想像も出来ませんでしたが、カーナビが付いている事もあり電撃訪問。
事前準備をインターネットの記事サイトとグーグルマップでしかしなかったのですが、これが後の後悔の元に。
高速道路を使って3時間ほどなので、朝早く出て昼すぎには帰宅する日程。

現場は甲府市上町で甲府南ICから車で15分くらいの所です。
マップで見ると上町集合住宅から北に300mほどの木工ショップまでのほぼ一本道。
オレンジ色の○印で下から

最初に遊んでいた集合住宅の広場
隠れて見ていたお墓のある福王寺
UFO着陸現場(青い建物が木工ショップ)

です。
後で判りましたが、国土交通省のデータページに昭和50年当時の航空写真が残ってました。
http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WF_AirTop.cgi?DT=n&IT=p

福王寺がいまほど大きくなく、木工ショップが畑または更地の状態ですが、現場のすぐ南の住宅は戸数もほぼ同じで並んでます。

現場に付いて最初の感想は一帯は思ったより狭い事でした。
郊外のぶどう畑との事なので、開発されて家は増えていても、UFOが着陸した現場なのでもう少し広いエリアと思っていました。
ただし小学校2年生(当時)が徒歩で遊ぶ範囲なので、ある意味当然かもしれません。
集合住宅敷地内には入らなかったので、すぐ横の道からUFOを見た空を撮影。
正面に愛宕山が見え、福王寺はナナメ右で歩いて30秒ほどです。

※この記事に関するご意見、ご希望は画像下のHPのリンクからお願いします。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 
 

転載:甲府事件現場訪問記 その2-発見場所

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時18分19秒
編集済
  甲府事件現場訪問記 その2-発見場所
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 6月30日(日)21時51分52秒 編集済
   事件当日少年2人が遊んでいた上町集合住宅です。
4Fの団地で敷地の南東に遊具のある広場があります。
画像1枚目は南側の道路から、2枚目は南東の道路から取った写真でここで遊んでいたと思います。
ブロック塀沿いに木が茂ってますが、北側は開けていて愛宕山まで見通せます。

2008年2月24日にこちらの掲示板に投稿しましたが、この頃の日没は早くて夕方6時頃は真っ暗です。
(注:写真3枚目は自宅近くの同時刻の画像です。現場ではありません)

これだけ暗いと同じ服装、背格好でしたら男女大人子供の違いも判りません。
この時間にオレンジ色の飛行物体を見つけた2人は見えた方向=北に移動します。
夕焼けで西の空がオレンジ色に染まって、飛行機や飛行機雲がオレンジに発光して見える事もあります。
しかし、それは西なので北の空に飛んでいる飛行機がそのように見えるかは観測、検証しないと判りません。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その3-様子見したお墓

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時16分28秒
  甲府事件現場訪問記 その3-様子見したお墓
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月 4日(木)22時21分11秒 編集済
   遊んでいた場所から様子を見ていたお墓は50mほどで歩いて1分ほど、
集合住宅から少し北に歩いて右に曲がった所です。
当時の航空写真にはお寺やお墓はほとんど写ってないので、もっと小規模だったようです。
現在はすぐ近くに家が建ってますが、北は愛宕山まで見渡せます。

上空に発見した2機のオレンジ色の物体の1機は北に飛び去り、もう1機が上空を不規則に動き回っていました。
この1機をお墓に隠れながら見ていましたが、やがてこれも北に飛び去りました。
2人の少年はここから50mほどにある自宅に戻ろうとします。
その途中、北のぶどう畑を見渡せる所まで来た時、前方100mほどに何か光ってるのを発見します。

ここの写真は撮ってなかったのですが、グーグルマップのストリートビューで近い景色がありました。
住宅地西側の道で、現在は木工ショップが北100mほどに見えます。
航空写真からすると当時はここの左側もやはり畑だったようで、もう少し見通しが良かったと思います。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その4-ぶどう畑

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時13分18秒
  甲府事件現場訪問記 その4-ぶどう畑
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月 5日(金)23時07分9秒 編集済
   住宅地を抜けた先、右側のぶどう畑が着陸現場です。
現在の舗装された道路は当時あぜ道で、子供の目には左右合わせた広い畑に見えたでしょう。
今回の訪問時にはぶどう畑は無く、整地して区画割された住宅分譲地になってました。
実は事前にネットのサイトで調べたら、もう少し北の結婚式場が現場との事。
これを信じて着陸現場の写真は撮ってきませんでした。
(ぶどう畑を現場と断定したのは別エントリーで)

グーグルマップのストリートビューで2012年の景色がありました。
左端が木工ショップ、この画像のすぐ右は住宅で50~60m四方のパッと見て狭い場所と思いました。
畑(現分譲地)、と言うより裏庭といった感じでした。

画像2枚目は道路の左側の景色です。
水田とナスの畑が広がっていて作物はともかく、こちらは当時と変わらないようです。
3枚目は近くの元ぶどう畑で現在はネギ等を作っています。
支柱が2~3mおきに立っていて、上と周囲はネットで覆われてます。
ぶどうの木は冬には葉っぱが無いので、見た目こんな感じになります。
見通しは良いのですが、軽トラでも入るのは難しそうです。
2人の少年はこの中にオレンジ色の光と銀色のUFOを発見、そして宇宙人と遭遇したのでした。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その5-現場の北

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時08分22秒
  甲府事件現場訪問記 その5-現場の北
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月 6日(土)21時31分41秒 編集済
   着陸現場の北は県道117号線(けやき通り)を挟んで結婚式場があります。
今回はネットのサイトを参考にして、この結婚式場が現場だと思って訪問しました。
写真もこの周辺ばかり撮ってました。

事件当時、けやき通りは細い道(おそらく農道)で周辺は畑だけです。
少年の目からすれば住宅地から先はすべて畑に見えるので、道を越えたこちらが現場の可能性も無くはないです。
現在も結婚式場の周辺はぶどう畑で葉っぱが青々と茂り、実も付き始めていました。
なお、車は現場と思われる分譲地に置いて付近を散策したので、結果的に事件現場に滞在した事になりました。

航空写真からすると現場付近は道が斜めになってたり、曲がっていたりします。
撮ってきた写真も斜めのアングルが多いので、現場付近の簡略図を作ってみました。
遊んでいた広場からけやき通りまでは約300mの一本道。
南の丁字路から北の丁字路までの本当に狭い範囲です。
当時は中央の住宅地から北は畑なので街灯もありません。
冬の午後6時過ぎの真っ暗なあぜ道を子供が数百m移動したとは考えられないので、やはりこの範囲になると思います。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その6-着陸現場の推定

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時04分6秒
  甲府事件現場訪問記 その6-着陸現場の推定
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月 7日(日)22時18分11秒 編集済
   着陸現場は「住宅地北のぶどう畑」とされてますが、正確な現場は不明でした。
ざっと現場を見ると、

1.住宅地すぐ北、道路の右側の現住宅分譲地
2.住宅地北西、道路の左側の現水田
3.けやき通り北の現結婚式場

と推定されます。
帰宅後、手持ちの資料を改めて見直すと1の道路(当時はあぜ道)の右側のようです。
この資料の信憑性ですが事件のすぐ後に取材に行き、昭和50年前半に発行された物なので
現時点では一番信用できると思います。
昭和50年12月発行の子供向けの本に載っていた物でも同様になっています。

2000年8月15日にフジテレビでアブダクションを扱ったUFO番組が放送されました。
この中で甲府事件を取り上げて、当時の少年2人も出ていました。
その証言で住宅地と畑の境目で、

「この辺ですが、当時と変わっているので正確な場所は判らない」

と話していました。
当時の証言でもぶどう畑、と話してますがその先の農道(現けやき通り)を越えて、との話は出てきません。
街灯も無い中、子供があぜ道を100m以上進むのは難しいです。
実は帰り際に近所の人と少しお話が出来ました。
この先の結婚式場が現場だったらしいですね、と聞いたら
「そうだったかな」
と首を捻ってました。
これらから3の現結婚式場は無いと思われます。

以上より現時点では1の当時ぶどう畑、現分譲地から木工ショップ辺りが着陸現場と推定されます。

出典
会報 未確認飛行物体
学研 ジュニアチャンピオンコース 空飛ぶ円盤を追え
2000年8月15日放送のUFO特番

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その7-絞り込み

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)17時01分7秒
  甲府事件現場訪問記 その7-絞り込み
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月 8日(月)21時09分58秒 編集済
   着陸地点についてもう少し絞り込んでみます。
お墓(画像の赤丸)で隠れて見ていた2人は西の道に出て、家に帰ろうとします。
小さな角を曲がった所で前方100m付近に明かりを見つけます。
この時2人は火事だと思ったそうです。

当時もここの右手は住宅地で正面は見えてもぶどう畑の右奥は見えません。
左手は開けてますが、証言により作成された地図によると、この方向でもありません。
ぶどう畑のあぜ道はやや左に曲がっているので、現木工ショップの敷地か、やや畑に掛かってる部分になります。
この木工ショップの敷地は昭和50年の航空写真で見ると畑というより、整地された土地に見えます。
縁あって、ここの近所の方にメールで画像を送って聞く事ができました。
住宅用地か農作業用の駐車場か聞いた所、当時は住宅用地だったとの回答でした。

しかし前回の資料によると、ここの場所で支柱が倒れていたりしたとの事。
これから推測するに住宅地転用の為、この部分だけ畑から住宅地に移行中だったと思います。
前回の画像1枚目右で畑に人が立っている写真がありますが、通常約2mおきに立っている支柱が見当たりません。
周囲にポツポツ立っているのは見えます。
少年は「UFOが畑に横滑りして中央付近まで入ってきた」
と証言してますが、このような状態なら4~5mのUFOが入ってくるのも可能です。
敷地の南端までは移動すれば少年の目からすれは「畑の中央」に見えます。

畑で街灯も無い冬の夜6時過ぎは真っ暗です。
ぶどう畑の支柱は結構タイトに配置されてるので、少年達もおいそれとは入って行けないと思います。
この後、UFOの1m近くまで接近して内部を見たり宇宙人と遭遇します。
UFOや少年が暗がりでも移動できるのを考えると、
「純粋なぶどう畑」より「住宅用地に移行中の畑」となります。

これによりUFO着陸、宇宙人遭遇現場は
「現木工ショップの中央よりやや南側」
と推測します。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その8-何と遭遇したのか? 上

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)16時56分59秒
  甲府事件現場訪問記 その8-何と遭遇したのか? 上
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月10日(水)22時28分40秒 編集済
   少年達は何と遭遇したのか考えてみます。
UFOと宇宙人とされてますが、ここでは他の可能性を考察します。

実は当初、畑という事もあって蜂の巣駆除の作業員と思いました。
暗がりの中、ライトバンで乗り付けた作業服姿をUFOと宇宙人と見間違えたのです。
車に書いてある謎の文字を業者名とし、UFOの大きさを5mとすればほぼ一致します。
2000年8月15日のテレビ番組でも退行催眠ですが、小さいトラック位と証言しています。
しかし調べたら蜂の駆除は通常、動きが鈍い朝にするそうです。
季節は春先から夏が多いので、2月の真冬の可能性は低いです。
蜂ではなく蛇や蟻などの駆除も考えられますが、目標物が見えない夜にする事はないと思います。
100m手前の住宅地から見えたオレンジ色の光もこの説では説明できません。
可能性としてはゼロではないですが、多少無理があります。

単純に畑の持ち主が作業していたのでしょうか?
農家でしたら載ってきたのはおそらく軽トラでとてもUFOには見えません。
また冬のシーズンオフのぶどう畑に日曜の夜に用事があるとは思えません。
後日、新聞社やUFO研究家が畑に立ち入り調査をしています。
無断で入ったとも思えないので、農家の許可を得てるでしょう。
もし農家の人でしたら、その時自分たちが作業をしてた、と話したと思います。
こちらも可能性としては残りますが低いです。

ヘリコプターなどの緊急着陸も考えましたが、あまりに住宅地に近すぎます。
南の住宅地まで約50mでヘリが近づけば大きな音が聞こえます。
またそれならば正式な事件としてニュースになるでしょう。

(この項、何と遭遇したのか? 下 に続きます)


出典
2000年8月15日放送のUFO特番

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その9-何と遭遇したのか? 下

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)16時54分24秒
  甲府事件現場訪問記 その9-何と遭遇したのか? 下
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月13日(土)00時24分36秒 編集済
   この事件を調べていたら当日の天気が知りたくなりました。
幸いな事に気象庁のHPで、過去の天気が調べられます。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/

それによると甲府は当日晴れでしたが、前日と比べ気温が-5°と冷え込んでいます。
それで思い付いたのが、水道管の破裂の確認をしていたのでは、でした。
現場はぶどう畑ですが、当時の航空写真からすると50m南や東には住宅があります。
また、どうも純粋なぶどう畑ではなく住宅地に移行中だった事もあり、水道管が通ってても不思議ではありません。
なぜここで確認?と言えば、まさに南と東に分岐しているからだと思います。
あるいは周囲は農道で車を止める場所がないので、ここに止めて周囲を確認していたかもしれません。
水道局にライトバンやオレンジのライトを付けた車両があるのか?
と思い、自分の市の水道局に行ってきたらありました。
上部にオレンジのパトランプが付いたライトバンで、各種道具が積んであります。

では作業員を宇宙人と間違えたのは?
2月の夜6時過ぎで真っ暗なのもありますし、寒いので「目出し帽」を被っていたのでは、と思います。
目だけ、あるいは目と口が出て顔にスッポり被る帽子です。
寒い地域の野外作業に向いてます。
今に見るとちょっと不気味な感じもしますが、当時はプロレスラーのザ・デストロイヤーが人気だった事もあり、
それなりにオシャレなアイテムでした。
普通の人間と違った声(音?)が聞こえたとの事なので、口が塞がっているタイプと思います。
真っ暗ですが車のライトとパトランプの薄明かりの中、「UFOと宇宙人」の先入観を持った少年が
ライトバンと目出し帽を被った人を間違えたと推測します。
夕方になったのは他の現場をまわって、たまたま遅くなったのではと思います。

そんなの間違える?と思いますが、人間ははっきり見えない物には恐怖感を抱きます。
テレビのバラエティ番組で「箱の中身は何じゃろな」という定番のゲームがあります。
主に若いタレントさんが、中身が判らない箱に手を入れて触って当てるのですが、
「人形、スポンジ、コンニャク」といった日用品に怖がってなかなか手を入れません。
少し触っただけで「噛まれた、生きてる!」といったリアクションするの一度は見たと思います。

これはあくまで私個人の推測です。
今から38年前に甲府市にこのような車両があったかも不明です。
ただ、現場を見てきた感じでは「UFOと宇宙人」より、何らかの作業をしていた、と感じました。

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

転載:甲府事件現場訪問記 その10-事件の記憶

 投稿者:KUFORA事務局  投稿日:2013年 7月27日(土)16時51分15秒
  甲府事件現場訪問記 その10-事件の記憶
投稿者:ぶちねこ  投稿日:2013年 7月13日(土)22時33分50秒 編集済
   現場を訪問した時、上町集合住宅の敷地に男性がいたので少しお話をしてきました。
30年以上前にUFOや宇宙人の騒動があったそうですね、と尋ねた所
「覚えているよ、俺の兄貴の友達がそうだよ。」
との事。
年齢などを聞くと当時4歳でお兄さんは4つ上だそうです。
当事者の少年のK君には4つ下の弟がいたので、その人の友達だと思います。

当時はどんな感じでしたか?
「テレビ番組が取材に来たよ。たしか11PMだったかな。その後に畑から金属片が出たらしいよ。」
この北の結婚式場がある場所だったみたいですね
「あれ、そうだったかな」

といった話をしました。
当時4歳の子供が深夜番組の11PMでもないので、これは数年後に聞いた話と思います。
金属片の話は初耳ですが、数年後に尾ひれが付いたかもしれません。

また帰宅後ですが、縁あって近所の方にメールに当時の航空写真を添付して尋ねる事が出来ました。

Q 現木工ショップが整地されてるように見えますが、当時は宅地でしたか、農作業用の駐車場か何かでしたか。
A 当時も農地ではなく、宅地だったそうです。

Q この事件をご存じでしょうか。
A ぶどう畑がちょっと荒らされた感じだったそうです。
  全身銀色の小さな背の宇宙人が縦列に整列して歩いていたという噂です。

こちらも初耳ですが、やはり結構話題になっていたようです。
38年という年月が経っていますが、事件の記憶は残っていました。
偶然ではありますが、当時のお話を聞けたのは良かったです。

※画像は帰宅後に読み直した甲府事件が載っている当時の本です

http://www.sunfield.ne.jp/~aporong1/aatop.htm
 

レンタル掲示板
/2