人狼ルール



キーワード: 人狼


3件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[4] 人狼(補足)

投稿者: 壱縷 投稿日:2013年10月12日(土)18時14分47秒 s861177.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

すいません、補足です。

夜の相談時間確定をします。(時間がかかり過ぎてしまうので)
 例)3分

共有者も昼に相談っていう不正を防ぐためにGMが別会議作成をします。

投票はGMに個チャで。そして一斉に発表をします。

■占い師の判定について■
役職     判定
市民→ 市民
人狼→ 人狼
騎士→ 市民
霊媒師→市民
背徳者→ 市民
猫又→ 市民
狂人→ 市民




[3] 人狼※その2

投稿者: 壱縷 投稿日:2013年10月12日(土)16時19分13秒 125.net220216091.t-com.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

人数に応じて役職を増やしたり減らしたりしたいとおもいます


上のルールは10人を想定したもので作ってあります。




★ここではそれより多くなった場合の役職を紹介します★


13人以上から≪妖狐≫を役職として追加します。

15人以上から≪共有≫を役職として追加します。

17人以上から≪背徳者≫を役職として追加します。

20人以上から≪猫又≫を役職として追加します。



では上の役職の内容を説明していきます。


■妖狐


人狼から噛まれても死ぬことはありません。ただし、占い師に占われた場合、呪い殺されてしまいます。
占い、霊能の結果は、村人となります。

【人狼、市民とは別の陣営です】

■共有(この役職は人数二人固定です)


もう一人の共有者が誰かを知ることができます。
夜の間に共有者間で会話をすることができます。

【市民陣営】

■背徳者


基本的に市民と同じ扱いで、人狼から噛まれれば死にます。占い、霊能の結果は、村人となります。
妖狐の内訳を知ることができ、吊りや呪殺で妖狐が死亡した場合は、跡を追って死にます。

【妖狐陣営】

■猫又


投票で吊られると、生存者の誰かを道連れにします。
人狼に殺害されると、噛んだ人狼を道連れにします。(人狼が複数いる場合はどちらかです)


人狼を選ぶさいは数字をふり、その数字を選択して道連れにします

【市民陣営】



[2] 人狼ルール(基本ルール)

投稿者: 壱縷 投稿日:2013年10月12日(土)14時57分28秒 125.net220216091.t-com.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◆STEP1:役職はGM(ゲームマスター)が決める
≪役職≫


■人狼

毎日、夜のターンに一人だけ村人を食べることができます。村人をうまく騙して村人を食べつくしましょう。

■狂信者(多重人格)

基本的には市民と同じ扱いです。ただし人狼の内訳を知ることができ、勝利条件も人狼と同じです。

村人グループ

■村人(市民)

特殊能力はありません。ほかの村人と協力して、人狼を探して処刑していきましょう。

■占い師(予言者)

毎日、夜のターンに一人だけプレイヤーを占うことができます。占うことで、そのプレイヤーが「狼かどうか」(市民の場合、役職はわかりません。)を知ることができます。

■霊能者(霊媒師)

処刑を行ったあと、処刑で死亡したプレイヤーが「狼か、市民か」を知らされます。(市民の場合、役職はわかりません。)人狼が二人以上いるときに使用する役職です。

■騎士

毎日、夜のターンに一人のプレイヤーを人狼から守ることができます。ただし、自分自身は守れません。占い師、霊能者、村人などが人狼に食べられるのを守りましょう。




◆STEP2:自由に議論します(昼の議論ターン)

3~8分程度自由に議論し、プレイヤーの中から怪しいと思う人物(狼だと思う人物)を多数決で一人決定します。




◆STEP3:多数決で選ばれた人が処刑されます(以後、何も話してはいけません。能力使用も、多数決もできません。)




◆STEP4:夜が来ます(夜の能力使用ターン)

占い師はGM(ゲームマスター)に占いたいプレイヤーを指定します 。


人狼は、襲撃対象のプレイヤーを指定します。
人狼が複数いる場合は相談し、1名に決めます。 (相談はGMを通して行います)


騎士は、GMに守りたいプレイヤーを指定します。


霊能者は、GMから処刑した人が人狼だったかそうでなかったかが伝えられます。


~夜に相談が必要な役職について~ 人狼、共有者は夜に相談が可能です。このとき該当する役職の人たちは、それぞれグループを作成してそこで相談してください
(人狼は人狼+GMで会議をつくって)

◆STEP5:朝が来ます


犠牲者あり

人狼の犠牲になった人は、以後なにも話してはいけません。多数決や能力使用もできません。


犠牲者なし

人狼の襲撃相手と、騎士が守った人が同一人物だった場合は、犠牲者がなし(襲撃失敗)となります。



ここで勝負がつかない場合は再度◆STEP2に戻り議論から繰返しになります。



≪勝敗のつき方≫

人狼チームの勝利

人狼の数が村人チームの数と同数となったとき。


村人チームの勝利

人狼が全滅したとき。



ゲームのポイント

ある人の言動が、「無罪を主張しているのか」「無罪を主張しているふりの人狼なのか」が全くわからない点が、このゲームのポイントです。
疑惑が疑惑を生み、策略が策略と絡み合うのです。

皆に疑われたら嘘でも嘘でも、真実でも覆す(うながす)ようなことを言わない限り、処刑されてしまいます。

役職を持っている人は、自分の得た情報をそのまま議論に用いても、「占い師のふりをして誰かを陥れ(おとしいれ)ようとしている」と見なされ、逆効果になる可能性もあります。

プレイヤーが多ければ、人狼は複数います。人狼同士が予言者と村人のふりをしてかばい合うというプレイも可能なのです!
正しい方にリードしようとすると「誘導している」と疑われます。
明確に説明しようとすると「自分が人狼だからそういえるのだろう」と疑われます。
無難な発言を繰り返していると「なにかを隠している」と疑われます。
いろんなケースを説明すると「人狼側の視点にたちすぎ」と疑われます。
みんなが間違った人に投票するのを阻止しようとすると「人狼を守ろうとするこいつもあやしい」と疑われます。

ともかく、どんな行動をしようとも(あるいは行動をとらなくても)、すべてが疑惑の種となるゲームなのです。

その行動には必ず何らかの理由があり、読みとれるかどうかで勝敗が分かれる事もあります。

というように、このゲームは常に頭を回転させていないといけません。人数が増えるごとに役職者や人狼が増えますのでなお、一層白熱したゲームになります!

疑うゲーム? いえ、信じるゲームです!

さて、人狼ゲームのルールはだいたいわかりましたか? 人を疑うゲームで嫌悪感を持った人もいるのではないでしょうか。

しかし、人狼ゲームは最終的に「人を信じる」ゲームです。

議論を通し、あれこれと引き出した上で信頼することがゲームの一番の勝因となります。

また、一人のミスリードが全員に影響しがちな事から、人間のだまされやすさ、揺らぎやすさを自覚できるゲームでもあるのです。




レンタル掲示板
3件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.