投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
  2. 連絡事項スレッド(16)
  3. 初心者、俳句を語る(11)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


新宿御苑の御衣黄桜

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 4月18日(火)08時03分35秒
返信・引用 編集済
  みなさま、メールの返信ありがとうございました。

16(日)、御衣黄(ギョイコウ)、という桜を初めて見ました。
ソメイヨシノが終わったころに、新宿御苑ではいろいろな品種の遅桜で満開ですが、中でも薄緑色のこの桜が珍しくて驚きました。
鬱金(ウコン) も黄色っぽい桜です。
どちらも遠目には地味ですが、不思議な味わいがありました。
写真上、中、ギョイコウ
写真下、ウコン
 

Re: ご連絡と明日館の桜

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 4月17日(月)15時08分16秒
返信・引用
  > No.1534[元記事へ]

みさこさんへのお返事です。

> 写真は4/10(月) の明日館の桜です。
> 月曜は休館で、中から見ることができませんでしたが、満開の桜でした。

幹事(世話人)、ご苦労様です。
明日館の桜は2月に行った時に見た時に、さぞかし美しく咲くだろうと話し合ったものですが、ホントに見事ですね。満開の桜を見ると、何故か心が満たされる感じがするものです。

来年は是非見たいものです。

写真は去年の秋田のカタクリの群生 今年も行けるかな・・・
 

ご連絡と明日館の桜

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 4月15日(土)12時39分59秒
返信・引用 編集済
  皆様にメールしましたが、こちらに同じ内容載せておきますね。よろしくお願いいたします。

【4/26(水) 明日句会】
○ 14:30~17:00  マニャーナ教室
14:30にならないと教室には入れませんが、館内には時間前から入ることはできます。受付で14:30~の俳句会で来たと言ってください。
○投句:3~5句
○兼題:磯遊び、巣箱、他

【懇親会】
26日の句会のあと、西口近くの居酒屋にて懇親会を行います。
○『くいもの屋 わん』にて、17:30~
○会費 3500円(飲み放題つき)
みなさん出席の人数で予約致しましたので、欠席の方はお早めに 幹事ご連絡ください。

【自主、吟行会のお知らせ】
今まで教室のありました第2水曜に、吟行に行きませんか~?
もちろん自由参加です。
集まった方でミニ句会を行いたいと思います。先生に後日選をしていただけることをお願いしてあります。
詳しくは26日にプリントしてお渡ししますが、ご希望の方は日にちをあけておいていただきますよう、お願い致します。
○5/10(水)吟行12:30~
吟行参加者は12時半くらいに江戸川橋駅集合。周辺を歩きながら、『肥後細川庭園』(旧江戸川公園 3/18名称変更)に向かいます。
時間に間に合わない方や、ひとりで歩きたい方は、適当に散策して直接句会会場へ集合していただいて構いません。あとからでも、ぜひご参加ください!
○句会15:00~
肥後細川庭園内の『松聲閣』の学習室洋室Aを予約しています。
○会費   松聲閣の料金、半日で1000円なので、集まった人数で負担していただきます。
○簡単ですが、日にちと場所のご案内になります。よろしくお願いいたします。

写真は4/10(月) の明日館の桜です。
月曜は休館で、中から見ることができませんでしたが、満開の桜でした。
 

Re: 第1回目、明日館の句会のご案内

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 4月 5日(水)17時20分15秒
返信・引用
  紅。さんへのお返事です。

> 写真は、響き灘の風力発電。

いよいよ明日館での句会になりますね。
雰囲気のある場所でやると句が良いものになればいいのですが、そうはいかないでしょうね。

響き灘は山口県との事。兼題の「磯遊び」の句材は揃ったでしょうか。みさこさんも何度目かのかたかごへの挑戦になるんでしょうね。お互いの健闘を祈ります。
 

醍醐寺の桜

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 4月 5日(水)16時56分12秒
返信・引用 編集済
  今日は太閤さんも楽しんだという醍醐寺に行って見ました。

枝下れ桜が丁度満開で境内は大にぎわいでした。
少し早い時間に行ったので良かったですが、1時間遅れて行ったらUターンして帰ったでしょうね。
そんな混み具合でした(入館券を買うのに長蛇の列)。

真ん中の写真は醍醐の帰りに寄った祇園(白川沿い)の写真です。

今回は3泊4日でトータル10万歩位歩きました。鹿嶋に帰りま~す。
 

第1回目、明日館の句会のご案内

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 4月 5日(水)09時19分48秒
返信・引用
  4月26日、水曜日、14時半から17時。
5句持参。ノート持参。
兼題。『磯遊び』『巣箱』ほか当季雑詠でもよろしい。


その後、懇親会があります。

写真は、響き灘の風力発電。
 

上賀茂神社

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 4月 4日(火)10時42分49秒
返信・引用 編集済
  今年もまた京の桜を見に来たのですが、またまた満開にはほど遠い状態です。

今日はかみさんと別れフリー行動の日。
上賀茂神社から鴨川辺りを歩いて下っていく予定です。どこまで行けるんでしょう。

写真は上賀茂神社で唯一咲いていた早咲きの桜と曲水宴をやる渉渓園の小川と陰陽石。曲水宴は四月九日との事。
 

カタクリの里

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 4月 1日(土)09時20分35秒
返信・引用
  4月になりました。
新年度は、淑徳教室を名残り惜しみながらも、明日館という新しい場所で、新しい気持ちで、また皆さんと俳句ができますことが楽しみです。

さて、栃木県佐野の近くの「三毳山」 (ミカモヤマ) には、カタクリの花の群生地があります。
今年、タイミングよく、一面に咲き揃うカタクリを見ることができました!3月末に行きました。

 

最終、淑徳講座は、

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 3月13日(月)19時40分35秒
返信・引用
  3月22日です。
前回の日程と兼題のおしらせは、誤りでした。
兼題。『春灯し』『木の芽』
句会で3句持参。ノートをお忘れなく。
更にお詫びと訂正です。

4月26日の兼題は、まだでした。ごめんなさい。

写真は、新しい蕗の薹です。
天ぷらがおいしいよと友人にいわれたので、試してみます。
 

訂正です。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 3月11日(土)07時24分45秒
返信・引用
  明日句会は、
正しくは、4月26日です。
お詫びして訂正します。


写真は、小平の薬草園の、クロッカス、さんしゅゆの花です
 

次回の講座のご案内。。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 3月11日(土)05時21分47秒
返信・引用 編集済
  4月27日、明日館。句会。五句。
兼題。『春灯』『木の芽』
『待っ人のいる明るさの春灯』ー片山由美子さん作。
『古き葉の音の中なる木の芽かな』藤本美和子さん作。

5年続いた淑徳講座は一区切り。
次回から、自由学園の明日館、第4水曜日。
帰りには、Mさん、Nさんの予約してくださいましたお店で、会をやります。

片倉で初音をききました。それと同時にこげらが高い木の幹を叩いているのも見ました。残念ながら、これは、秋の季語です。

庭を手入れしたときに、植木屋さんが裏庭にあった、蹲を前庭に出してくれました。これに、筧をつけたいと、ひそかに思ってます。

今日は、震災記念日。六年前ちびのミルクの水が手にはいるりにくくなり、俳句の先生や、関西の親戚に水を送ってもらいました。本当にお世話になりました。その子も、小学生になります。

写真は、
蹲。殿ヶ谷のししおどし。秩父の狼の狛犬。

 

4/26(水) 明日句会発足*懇親会

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 3月10日(金)21時05分53秒
返信・引用 編集済
  いよいよ来月からは場所を変えて、明日句会が発足いたします。
先生からお話もありましたが、新しい句会を現メンバーで揃って始められますこと、有り難く思っています。さらに新しい方もいらっしゃるということなので、4月の句会のあとに、懇親会をやりたいと思います。
場所を西口で探してみました。一緒に探してくださった池袋地元のNさん、ありがとうございました。

◎『くいもの屋  わん』池袋西口公園前店
         →西口出たところすぐのビル4階

◎時間  17:30~

◎今回はお得な?コース、料理8品+飲み放題。
     3500円です。

15名全員で予約しておりますので、よろしくお願い申し上げます。ご都合悪く欠席される方は、幹事までご連絡ください。
       →みさこ。

写真は高尾梅郷です*\(^^)/*
 

四丁目のテラス

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 3月 8日(水)13時11分0秒
返信・引用 編集済
  今日は少しゆっくりなので銀ブラです。
ユニクロの前ではロボットが案内をしてくれています。
近い将来、話友達として購入している俺を想像してしまいます。

今は、銀座四丁目交差点の日産ビルの三階のコーヒーラウンジのテラスで休憩です。

交差点を行き交う車と人々をちょっと俯瞰のキブンです。
 

Re: 霧氷

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 3月 7日(火)23時32分59秒
返信・引用
  > No.1520[元記事へ]

みさこさんへのお返事です。

> 3月はじめに、群馬の荒船山という山へ行って来ました。

そんなに高くない山のようですが、結構凍るみたいなので足元とか大変だったんではないでしょうか。

北国生まれですが「霧氷」というのは余り記憶がないです。木々の枝に雪が積もっているのは良く見たものですが・・・

青い空をバックに木々の枝にささくれ立つ氷が、どっか別世界へ行ったキブンにさせてくれたかも知れませんね。さてさてどんな句になって姿を現すのでしょうか・・・(どっかにこっそり出すのかな?)。

♪ムヒョオ~ ♪ムヒョオ~  昔、橋幸夫が唄っていましたね。
 

Re: 次回の講座のご案内。。

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 3月 7日(火)23時18分34秒
返信・引用
  > No.1519[元記事へ]

紅。さんへのお返事です。

> 写真は、咲き始めた、菜の花、蕗の薹、翁草。
> 菜の花は、お浸しで食べました。

春かと思えば、また冬の気温へ・・・
彼岸まで続くのでしょうか。

でも、植物達は着実に季節の顔を見せてくれていますね。

明日は句会「地虫いづ」は以前にも出た兼題ですが、「春疾風」は初めてのやうな・・・
どんな句が並ぶか楽しみです。
 

霧氷

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 3月 6日(月)14時20分26秒
返信・引用
  3月はじめに、群馬の荒船山という山へ行って来ました。標高1423mですが、冷え込みの厳しい朝には、霧氷が見られると聞いていました。
木の幹や枝、草茎にも細かな氷がびっしりとついて、幻想的な景色となっていました。
あまりに美しく、言葉にならず、しばらく佇んでいました。
 

次回の講座のご案内。。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 2月26日(日)23時20分13秒
返信・引用
  3月8日、兼題。『春疾風』『地虫出づ』
事前投句。締切は、4日の土曜日。

写真は、咲き始めた、菜の花、蕗の薹、翁草。
菜の花は、お浸しで食べました。

正保さんの写真、綺麗ですね。
 

染の小道

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 2月25日(土)00時08分43秒
返信・引用 編集済
  今年も落合、中井地区の「染の小道」の季節がやって来ました。
イベントは土・日となる明日、明後日の方が多くて賑やかなのですが、混雑がすっかり苦手になってしまったので金曜日の今日行ってみました。

最近はほとんど毎年行っているので、なんだか季節の確認というか歳時記を辿るというキブンですね。
今回印象的だったの落合第六小学校の4年生の生徒たちの説明でした。

自分達の説明を「お笑いが始まるヨー」て触れ回り、見ていたら「真面目な説明」でした。
染物のハッピを着て、それを作った工程や特徴などを説明してくれました。草木染が元の草木の色と染め上がったものが全然違ってオモシロイなどとも云っていましたね。

最後に「誰か感想を話してください」と言われたので、工夫している面を称賛をこめて話しました。さて、どうだったかな・・・

写真上:妙正寺川に掛かる染物
写真中:おちろく(落合第六小学校)の生徒達の説明
写真下:子どもたちが作った反物も川に掛かっていました
 

庭や畑にくるじょうびたき。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 2月16日(木)18時51分58秒
返信・引用
  庭の土を植木屋さんが、掘り起こすと、ちかくの枝でみていて、すぐ虫をくわえていきます。よく見ているのには感心します。季語としては、秋です。 人を怖がらずにすぐ近くまできます。紋付きみたいに白い柄がいります。
とても可愛いです。畑にも遊びに来ます。

蕗のとうを見つけました。10日の高幡不動です。
我畑のは、まだまだ固いつぼみですが?
 

白鳥!

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 2月15日(水)19時55分48秒
返信・引用 編集済
  まさやすさん、北浦の写真、ありがとうございます。
本当に懐かしいです。2年前に何人かで案内していただきましたね。
相変わらず、すごい鳥の数!....圧倒されます。

4月以降、月1回の句会になるので、たまに希望者で吟行を計画してはどうかしらと思います。
良い場所がありましたら、みなさんで相談したいです。
写真は河津桜。丹沢の山麓で。
 

白鳥。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 2月14日(火)07時35分29秒
返信・引用
  北浦の白鳥の塒入り。
いいですね。前に行ったときを思い出します。
あのとき、みなさんいい句をつくりましたよね。
また、いきたいですね。

 

白鳥は5時に帰ってくる

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 2月13日(月)22時31分32秒
返信・引用 編集済
  今日は北浦に白鳥を見に行ってみました。
16時50分頃に着いたのですが、そこからどんどん編隊を組んで白鳥が帰ってきました(多分、どっかの餌場から)。そして17時頃には全員帰還という感じです。

全部で50羽はいたでしょうか。まだ、羽がグレーの若い白鳥も多くいました。月末にはほとんどいなくなると思いますので、日が長くなって比較的暖かい今頃が見ごろなんでしょうね。

でも、平日の午後5時。のんびり見に来るヤツはオレ位でした。

写真上:白鳥の他に鴨類がワンサカいます
写真中:白鳥が編隊を組んで帰ってきました
写真下:着水・・・その後、縄張り宣言なのか喚きたてます
 

初午まつり。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 2月12日(日)07時19分30秒
返信・引用
  今日は、初午、ひむがしの空が漸く明るみ始め、西のそらには、月齢14.5の月がかがやいてました。そんな時間に二本まるきをさげて、参拝してきました。先輩が宮司さんの神社です。多摩川を航るときに、水面の光が、行きとかえりでは、かわるのがわかりました。
外気温は、マイナス4度を表示してました。
そのむかし、母が実家のお稲荷さまに、赤のご飯と揚げを盛って出掛けていったのをおもいだしました。

その時間に参拝すれば、役員の氏子さんが、揚げや目刺しを焼いて、お赤飯と一緒にもてなしてくれます。

一の午ひいふうみいとあげを焼く
 

Re: 豊島区立 目白庭園

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 2月12日(日)00時02分40秒
返信・引用
  > No.1510[元記事へ]

みさこさんへのお返事です。


> 先日、明日館の近くに、目白庭園という豊島区の小さな庭園(無料) があると聞いて行ってきました。
>滝あり浮き見堂あり雪吊りもあり、なかなかよい雰囲気でした。
> 句会までのお時間が余った時は、いかがでしょうか~。

目白駅から行くと近いんですね。

目白庭園で一句、上り屋敷公園で一句、明日館で一句で3句は直前に出来そうです・・・、
あっ4月からは5句でしたね。5句であれば季語も色々出て、面白くなりそうですね。
4月からの変化が今から楽しみです。
 

Re: 次回淑徳講座、ご案内

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 2月11日(土)23時54分14秒
返信・引用
  > No.1509[元記事へ]

紅。さんへのお返事です。

> 東京ドームの『らん展』
> 初日でも、大混雑でした。

一番下の写真

なんだか不思議ですね。花びらに花が描かれているような感じに見えます。

一番上の写真が今年の日本大賞の「デンドロビューム グロメタラム」のロングウエルでしょうか。なんだかそんなに特別な感じがしないけど、見る人が見ればスゴイんでしょうね。 
 

豊島区立 目白庭園

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 2月11日(土)20時26分42秒
返信・引用 編集済
  まさやすさん、4月以降も句会でご一緒できるとのこと!嬉しいです~(^^)v
みなさまにも、いろいろご事情もありご思案いただいたことと思いますが、現淑徳教室のメンバー揃って、新しい句会ができること、感謝いたします。
また、会場が明日館であることも、みなさまに喜んでいただけて何よりです。

先日、明日館の近くに、目白庭園という豊島区の小さな庭園(無料) があると聞いて行ってきました。
明日館から5分くらいのところです。
池の回りを一周するこじんまりしたお庭ですが、庭木の手入れもされ、ちょうど梅がきれいに咲いていました。滝あり浮き見堂あり雪吊りもあり、なかなかよい雰囲気でした。
句会までのお時間が余った時は、いかがでしょうか~。
 

次回淑徳講座、ご案内

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 2月11日(土)12時06分31秒
返信・引用
  2月22日。権題。『踏青』『春の雲』
三句。句会です。

東京ドームの『らん展』
初日でも、大混雑でした。
 

Re: 明日館見学

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 2月 9日(木)21時32分47秒
返信・引用
  > No.1506[元記事へ]

みさこさんへのお返事です。

> 泉誌への投句もあり、今年はたくさんの変化の年になりますが、みなさまと引き続き俳句を学び、楽しみたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

明日館見学会の企画と案内、ご苦労様でした。
あの建物を利用できるだけでも多分、幸せなキブンになれたと思いますが、色々な歴史を知ることが出来て、一層愛着が湧くようなキブンになったものです。

淑徳周辺の喧騒とは異なったちょっとした静寂と歴史的建造物の中で句会が出来るのはとてもハッピーなことなんじゃないかな、と思ったりしています。

淑徳5年を一つの区切りとして・・・な~んて思っていましたが、区切ったあとに、一層魅力的な場が用意されていましたので、引き続き小生も一緒に勉強させて頂くことになりました。

よろしく&ありがとうデス。
 

伊勢神宮の話

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 2月 9日(木)01時21分1秒
返信・引用 編集済
  今日、お茶の時間に、伊勢神宮の鳥居から日が上るのはいつかという話になりました。
私が2年前にここにアップした写真を覚えていてくださり、話題になったのですが、ネットで調べると冬至の頃?ということになっているようです。が、私の記憶では2月に行ったと思い、帰宅して以前の写真を探してみました。2年前に行きました。
やはり、私は2/7日にこの写真を撮っています。
そして太陽は鳥居の真ん中よりは左寄りから、上がっています。
さらに調べてみましたら、冬至が確かに鳥居の中心から昇るようですが、その前後1ヶ月くらいは鳥居の中に見えるそうで、私はギリギリのタイミングだったのですね。
なんだか気になったので、写真も再掲載しますね~
 

明日館見学

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 2月 9日(木)01時12分6秒
返信・引用
  ご希望のみなさんで見学ができて、良かったです。4月からの明日句会の開催が、楽しみになってきましたね!
泉誌への投句もあり、今年はたくさんの変化の年になりますが、みなさまと引き続き俳句を学び、楽しみたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 

テニス 全豪オープン

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 1月30日(月)17時42分21秒
返信・引用 編集済
  俳句と全く関係ないです。カンドーして書いてしまっただけなので興味のない方はスルーして下さい。
***************************************************************************************
昨日、35歳のフェデラーが優勝した。
決勝を戦い抜いたナダル(30歳)も立派な戦いだった。

近年の4大大会は結構波乱含みだ。ジョコビッチ(世界2位)がかってのような強さを見せられず、世界ランキング1位のマレーも時に伏兵に敗れる波乱を起こしやすい。

そういう中で日本の錦織にもチャンスが巡って来そうな気配があり、テニスのメジャー大会が始まる頃にはWOWWOWに加入して錦織の奮闘を見つめる。

今回の全豪でも錦織は良く戦った。身長やフィジカルが他の選手達より大幅に劣りながら、技術と修正能力、そしてメンタルでトップ陣に食らいつく姿に感動させられるからだ。

今回の大会では世界一位のマレーと、最近は錦織の壁になっていたジョコビッチが早々に敗退し、チャンスはそれなりに生まれて来ていた。そこで遭ったのがフェデラー。近年の体調面の不良から世界17位までランクを落としていたこのかつての王者とベスト8をかけて錦織は戦った。

ランキングからいけば、錦織5位、フェデラー17位で勝つ可能性があるように思えたが、徐々にエンジンをふかし始めたフェデラーにフルセットの末2-3で敗れた。約4時間に及ぶ試合だっただろうか。

結果だけを知った人々は錦織のメンタルが弱いとかいろいろ云う。でも、オレは違うと思った。35歳でケガ上がりのフェデラーがバージョンアップしていたのだ。ゲームの最初のセットこそミスが目立ったものの、終盤にかけてのサーブや早くて強い攻めに抗いがたいものがあったと認めざるを得ないだろう。完全に力負けだ。

試合後、錦織は云った。フェデラーは従来と同様強いフェデラーであった(つまり17位は全く関係なかった)。

全豪の決勝がナダル(世界ランク9位)とフェデラーに決まったあと、決勝の前日(一昨日)に2009年の全豪の二人の決勝が再放送された。この時の世界ランキングはナダルが1位、フェデラーが2位。独特のトップスピンを得意とする強力メンタルのナダルとあらゆる打法が可能な技術力ナンバー1のフェデラー。

でも、徐々にミスを重ねていくフェデラーは2-2後のファイナルセットで競り負け、苦杯を喫した。当時27歳のフェデラーは最も充実していた時代であった筈でもあった。

それから8年。同じ顔触れで全豪の決勝の舞台に立った二人。その二人はともにケガに見舞われた時があり、ともに臥薪嘗胆の時代を経てきた盟友でもある。共にランクを落としこのメジャー大会の決勝に立つことの可能性は決して大きくはなかっただろう。

でも、二人はそこに立ち、8年前より更にバージョンアップした姿を見せたのだ。特にフェデラーのバージョンアップの凄さは前日に8年前の敗れた映像を見たばかりなので鮮明だ。ナダルの強烈なドライブ(スピン)ボールに徐々に対応するだけでなく、ライジング(弾んだすぐの所)を強烈なスピードで打ち返し、かつ絶妙のコントロールをして見せたのだ。

これを繰り返されるナダルの不屈のメンタルも、メンタルだけでは補いきれないものとなり、2-2のあとの最終セットで力尽きた。試合のあとにともにたたえ合う両雄。彼らを取り囲むすべての人々に感謝を述べ、自然体でスピーチする彼らに勝手に感心したオレなのでした。

繰り返します。錦織は決してヤワで負けたのではない。フェデラーがとてつもなくバージョンアップしていたのだ。錦織圭いまだ27歳。長い旅はこれからだ。がんばれ!ニシコリ!!
 

ハイキング三昧

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 1月30日(月)15時28分48秒
返信・引用 編集済
  冬といえど、山に行ってばかりいます!
①先週、丹沢の金時山に行ってきました。快晴で富士山がよく見えました。
②今週、秩父の長瀞アルプスから宝登山を歩きました。山頂の臘梅が見頃になり、甘い香りに包まれてきました。
 

次回の講座のご案内。。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 1月29日(日)06時28分27秒
返信・引用
  2月8日、兼題。『寒卵』『節分、関連、柊挿す、豆まき、鬼の豆、等々』
事前投句、しめきりは、4日。勲さんまで。

写真は、『福は内』枡の中には、そらまめの形のおかしが13個入っています。この枡を使って豆を撒きます。一同の幸いを願いながら。
鉄斎の賛がはいっています。
『このうまき大多福豆を
免し寶まへ
よはいをま春者受合申須』
 

紅侘助。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 1月24日(火)16時09分29秒
返信・引用
  学校の先輩からいただいた、紅侘助が、二、三輪咲きだしました。寒い風にうちふるえながら。うつむきかげんに。
実家の菩提寺には、『有楽』というピンクの花が、真っ盛りです。白侘助の大木もありますが、これは、おくてなので、2月が楽しみです。
写真は、紅侘助を、自作の器に活けてみました。
 

1/25 淑徳教室は。

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 1月15日(日)14時42分37秒
返信・引用
  1/25(水)の教室は、pm2:30にお集まりいただき、4月からの句会の説明等の時間にしたいと思います。ご都合のつく方は、よろしくお願いいたします。
3時からは、久しぶりの句会ですね!
兼題は「春隣」「侘助」 です。

写真は四ツ谷の老舗のたい焼きやさん。
 

迎賓館 赤坂離宮

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 1月15日(日)13時28分39秒
返信・引用
  見学に行ってきました。
迎賓館本館と主庭、前庭を見学。迎賓館の中は写真撮影禁止です。
どの部屋も、廊下でさえも、豪華で美しく、洋風ながら和を随所に取り入れている。でもなんだか日本ではないような雰囲気。
本館、正門、主庭噴水池等は、国宝なんですね。
帰りには四ツ谷の老舗のたい焼きやさんで、1時間並んで¥150円のたい焼きを買ってほっこり。庶民の味です~。
 

Re: 投稿ありがとうございます。

 投稿者:まさやす  投稿日:2017年 1月 8日(日)23時39分15秒
返信・引用
  > No.1498[元記事へ]

紅。さんへのお返事です。

> 秋田の海の日の出は、いかがでしょうか。

遅くなりました。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年から今年にかけて我が鹿島アントラーズの快進撃や、テニス再開、その他いろいろとあって
少しご無沙汰でした。

今年は鹿嶋にズーといたので初詣は鹿島神宮でした。
多くの人で賑わっていたものです。去年の破魔矢を渡し、今年の破魔矢を求め
また、願い事が沢山あったので青い紙幣を賽銭箱に入れたら、カミさんがちょっとビックリしてました。

明後日は淑徳での初句会ですね。少しビクビクものです。
写真は1月3日の初詣時の鹿島神宮参道と楼門です。
 

投稿ありがとうございます。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 1月 8日(日)09時11分15秒
返信・引用
  反応もないのでこの世も末かと思いました。
徳島の眉山からの初日の出、嬉しいです。
見事です。
ありがとうございます。

秋田の海の日の出は、いかがでしょうか。
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:みさこ  投稿日:2017年 1月 7日(土)06時16分15秒
返信・引用 編集済
  みなさま、良いお正月をお過ごしのことと思います。
私は年末年始、主人の故郷の徳島に帰省していました。お天気も良かったので、元日には観光名所の「眉山」 に登り(ロープーウェイです) 、瀬戸内の海からの初日を拝みました。
さて、
今年は私たちの教室には、変化の年になりますね。これからも、更に、みなさまと俳句を楽しんで学び続けたいなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

写真は眉山からの日の出。いつもは海のない県にいますし、山ばかりいっていますので、海はとても新鮮です。海の上に雲がありましたが、それがまた、少し不思議な風景を見せてくれました。
 

謹賀新年。

 投稿者:紅。  投稿日:2017年 1月 3日(火)08時31分46秒
返信・引用
  今年も宜しくお願いします。

初詣は、八王子の日枝神社へ。
ここは、学校の先輩ご夫婦が宮司さんです。
二本まるきのお酒をさげてのさんぱいです。
零時になると、法鼓がなり、参拝がはじまります。
御宝銭と、破魔矢をいただきました。
氏子さんたちが、焚き火、甘酒の手配をしてくれてました。榾火の崩れるのをみていると、
『大榾をかへせば裏は一面火』高野素十。
『女坂人声のして初詣』素十。

風のないあたたかい、初詣でした。

写真は、白梅と、寒菊、です。

 

もうすぐ、2017年、平成29年です。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月31日(土)23時05分5秒
返信・引用
  畑では、七草のひとつ、薺が咲きだして、踊り子草も咲いてます。白梅も咲いているのに気がつきました。母の大切にしていた白梅、暮れのうちにこんなに咲いてくれたのは、何年ぶりでしょうか。
薺は写真が上手くいきませんでしたが、踊り子草だけのせます。はこべもかわいい花をつけてますが、地面すれすれなので、うまくいきません。

来年4月以降も、先生のおかげで続けられそうよかったです。みさこさんも、お忙しいのに幹事さんを引き受けてくださり、お二方に感謝しております。

第九を聴いてました。89-歳の指揮者、ヘルベルト、ブロムシュテットさんの、おだやかな指揮には心がやすらぎました。ソロは、4人とも外国のかたでした。
 

もうすぐ、2017年、平成29年です。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月31日(土)23時03分14秒
返信・引用
  畑では、七草のひとつ、薺が咲きだして、踊り子草も咲いてます。白梅も咲いているのに気がつきました。母の大切にしていた白梅、暮れのうちにこんなに咲いてくれたのは、何年ぶりでしょうか。
薺は写真が上手くいきませんでしたが、踊り子草だけのせます。はこべもかわいい花をつけてますが、地面すれすれなので、うまくいきません。

来年4月以降も、先生のおかげで続けられそうよかったです。みさこさんも、お忙しいのに幹事さんを引き受けてくださり、お二方に感謝しております。

第九を聴いてました。89-歳の指揮者、ヘルベルト、ブロムシュテットさんの、おだやかな指揮には心がやすらぎました。そろえ4人とも外国のかたでした。
 

納め観音、羽子板市。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月20日(火)08時54分48秒
返信・引用
  浅草の浅草寺境内の羽子板市。
カメラ片手にうろうろしてました。目の前に芸大の法被をきた数人の女の子達に、囲まれて芸能人らしき人が愛嬌を振りまいてました。私がカメラを向けると、ポーズをとってくれました。あとで、学生さんたちに聞くと、榊原いくえさんの息子さんだとのこと。
それは、大きいカメラにはいってます。
『羽子板や母が贔屓の歌右衛門』、富安風生作。
かありますが。

猩々の大羽子板や灯のともる。
見栄をきる役者二人や羽子板の市。
ゆふかげに納め観音羽子板の市。
これは、まだまだ、推敲の余地ある、拙句です。


 

鹿島、

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月19日(月)07時29分1秒
返信・引用
  よく頑張りましたね。世界を相手にすごいです。
 

Re: 淑徳俳句講座。

 投稿者:まさやす  投稿日:2016年12月17日(土)10時06分13秒
返信・引用 編集済
  > No.1489[元記事へ]

紅。さんへのお返事です。

> 小麦の芽。寒さに負けずに育ってます。

写真の小麦の芽、土の凹凸等から丁寧な感じが伺えます。
丹精込めてやっておられるんでしょうね。

そういえば「麦の芽」は今の季節を象徴するような季語なんですね。
冬枯れの中に希望を見出すようで印象深いもの・・・とか

この写真から一句ひねり出せないかなぁ- 今日は地元の句会です「丹精の畔の足跡麦萌ゆる」。
 

いよいよ世界一決定戦

 投稿者:まさやす  投稿日:2016年12月15日(木)22時08分44秒
返信・引用 編集済
  全世界のサッカークラブ約301000クラブの頂点に立つ世界一の決勝に我が鹿島アントラーズが進出しました。

昨日は鹿島(日本王者:開催国の特別枠で出場)対南米チャンピオンとの準決勝でしたので、10時半に家に着いてからすぐビデオ鑑賞(結果は知らない状態)。防戦一方の中で1-0、2-0、3-0とリードしていくのが夢のようでした。

そして今日は欧州チャンピオンレアルマドリードと北中米チャンピオンの準決勝があり、順当にレアルマドリードが決勝進出です。

18日(日)は我が鹿島アントラーズと36戦負けなし継続中の欧州王者レアルマドリードとの世界一決定戦になりました。横浜スタジアムなのでチケット購入に走りましたが既に完売とのこと。テレビ桟敷で応援です。

Jリーグのチャンピオンを賭けた試合以降、薄氷を踏む奇跡のような勝利が続いていますが、そのまま世界一になれば・・・もう、いつ死んでもいい! な~んてサポがイッパイいるかも知れませんね(過去全14回、アジア王者チームは一度も決勝へ進出したことが無い)。

俳句とはま~ったく関係のない話でした。スンマセン。

ps:昨日は楽しく、且つ重要なお話のあった忘年会でした。来年度以降の方向性がほぼ見えてきた感じで良かったですね。いつもながら幹事さん、ご苦労様でした。ありがとうございました。

 

淑徳俳句講座。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月15日(木)14時09分24秒
返信・引用
  来年1月11日。兼題。『初暦』、『七草』
事前投句。7-日までに勲さん迄。3句。
です。

例会の兼題。『敷松葉』『冬至』『紙漉』
12月25日。

小麦の芽。寒さに負けずに育ってます。

 

Re: 志賀の都。

 投稿者:まさやす  投稿日:2016年12月11日(日)22時23分56秒
返信・引用
  > No.1487[元記事へ]

紅。さんへのお返事です。

> けんだいの『鳰』。
> すらすらと出来た作品
> 『さざなみの志賀のみやこの鳰』

飛鳥時代に「近江宮(おうみのみや)」というのが5年間ほどあったんですね。そういう教養があって分かるんでしょうが、最初は「?」のオレでした。

こういうのがスラスラ出てくる紅さんはやっぱりスゴイ!ですね。


今日は、地元鹿嶋の町の第九を聞きに行きました。指揮者やソロは有名な人たちらしいですが、演奏や合唱は地元の人たちが長い間練習して来たもの。顔を真っ赤にして力いっぱい声を張り上げる市井の人々に眼の奥が熱くなってきたものです。

そういえば以さをさんも、がんばっているんでしょうね。もう、本番は終わったのでしょうか。

写真上:桂川上流から渡月橋方面をパチリ
写真中:落柿舎
写真下:鐘を突く人
 

志賀の都。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月10日(土)21時05分2秒
返信・引用
  けんだいの『鳰』。
すらすらと出来た作品
『さざなみの志賀のみやこの鳰』
これでいいのかとも思えますが、やはり、五年間しか都がおかれなかったの事実を、思うと何かしら寂しいかなと、おもったりします。
写真は、『おもとの赤い実』、やっと芽を出してくれた『小麦』です。
 

京都のもみぢ狩り。

 投稿者:紅。  投稿日:2016年12月10日(土)17時18分54秒
返信・引用 編集済
  すばらしいですね。京都は、どこも外人ばかりと、報道されてますが、しずかな保津川くだりなど、いいですね。
糺の森もいいですね。
たのしませてもらいました。ありがとうございます。
 

/30